キングダム 桓騎が李牧に大敗?史実から今後の展開を考察予想

      2016/08/18

キングダム 名言ランキングはこちら

 

~カンキがリボクに大敗?史実から今後の展開を考察~

 

キングダムでは大胆な脚色を多く含みながら、
根本にあるストーリーとしては史実が忠実に再現されています。

その中で、”桓騎将軍が三大天 李牧に大敗する”という史実が存在するんですね。
今回はそのことについて詳しく調べてみました。

 

漫画キングダムでの桓騎将軍

images-3

野党出身で蒙豪将軍に見出されて軍に入る。
桓騎軍は主に山賊、野党で構成されており、
5千人将の黒桜や雷土、戦闘力に長けたゼノウ一家
拷問に長けた砂鬼一家など、様々な派閥が集っている。
型にはまらない奇想天外な戦略で敵を翻弄する。
昌平君や李牧とはまた違った大軍略家。
敵の井闌車を利用し、敵兵のフリをして
韓の総大将である成恢を張唐に打ち取らせたり、
黒羊の戦いでは、黒羊の民の死体で作ったアーチを
敵将に送り、脅しをかけるなど、
桓騎にしかできないような戦略でこれまで大勝を挙げてきた。

多くの首級を挙げてきた桓騎ですが、
この後、史実での桓騎は大敗を喫します。

 

 

史実での桓騎は李牧に敗れ失踪?

imgres-4

実在した桓騎は紀元前237年(始皇帝10年)に将軍になります。
紀元前236年(始皇帝11年)、王翦・楊端和らと趙の鄴を攻めて、
またたく間にその周辺の9城を取ります。
一見とんでもない活躍を見せているようですが
実は趙の三大天・武神・龐煖がいない間にかすめ取るという卑怯っぷり。
桓齮はそこに留まり、王翦はさらに一人で閼与、鄴などを落とします。
しかしその後、北方から帰還した李牧により桓騎軍は撤退。
そして紀元前234年(始皇帝13年)に、今度は趙の平陽を攻め、
敵将・扈輒(こちょう)を殺し、10万の人を皆殺しにします。
李牧に撤退を余儀なくさせられた腹いせですかね・・・
紀元前233年(始皇帝14年)、再び趙を攻めて、平陽と武城を平定します。
その後宜安を攻めますが、またしても趙の大将軍・李牧に敗れてしまいます。
それはもう完膚なきまでに叩きのめされたとか。
戦国策の趙策四によれば、この敗戦で李牧に討たれたとされます。
しかし、史記では大敗したのち敗走と記されており、
死亡したかどうかは不確かですね。
その後の経歴は不明なので、一線からは退いたとみて間違いないでしょう。
一説では敗戦の処罰を恐れた桓齮は燕に亡命し、
樊於期(ハンオキ)と名を改めたとありますが、
キングダムではすでに樊於期は登場しているので、
李牧に敗北するならば再登場はないでしょう。
黒羊の戦いから5年後が紀元前233年なので、
桓騎の命はあと5年ということになります。

 

黒羊の戦い後 李牧は桓騎への認識を改める

黒羊の戦いの後、李牧は桓騎への認識が甘かったことを反省し、
慶舎の仇討ちを固く誓います。
そして李牧の副将 舜水樹(シュウスイジュ)と馬南慈(ばなんじ)はこう語ります。

imgres-5

舜水樹
「慶舎様損失は痛かったですが 代わりに我々が得たものは二つ」

馬南慈
「一つは隠れた名将紀彗の発見」

「そしてもう一つは」

李牧
「桓騎の弱点」

黒羊の戦いで討ち取られてしまった慶舎ですが、
その代償として李牧は”桓騎の弱点を見つけた”と言っています。
これで史実の通り、李牧軍と桓騎軍がぶつかるわけですが
個人的には桓騎が冷汗を垂らすところすら想像できないんですよね。
桓騎の弱点、あるとすればどこか考察してみました。

 

1、正攻法をしつように避ける

正面からのぶつかり合いにはあまり強くないようですね。
黒羊の戦いでは中央丘を取るのにかなり苦戦しているように見えました。
これは敵将の紀彗が手ごわかったのもありますが、
戦術を変えるのを余儀なくされたのは事実です。

 

2、博打に頼りすぎている

黒羊の戦いでは前線に出ることはなかったですが
軍がピンチに陥ると無理やり単身乗り込み、
総大将の首を取りに行くことが2度ありました。
これは一種の賭けのような物の気がします。
博打ばかりをしていてはいつか予想外の事態を引き起こします。
それが敗北につながるのではないでしょうか。

 

3、本陣が手薄

黒羊の戦いでは桓騎軍最強のゼノウ一家や
副将の黒桜、雷土といった主力の面々は完全に出払っており、
本陣がかなり手薄だったのではないか、という印象を受けました。
おそらく桓騎と同じようなトリッキーな戦術を敵がしてきた場合、
あっさり討ち取られてしまう、なんてことがあるかもしれません。

 

 

以上、桓騎についての考察でした!
ヒールに徹しているのにも関わらず、なぜか憎めない桓騎には
ただでは死んでほしくはないですよね。
今後の活躍と、李牧との戦いに期待したいと思います。

 

キングダム 名言ランキングはこちら



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

 - キングダム