弱虫ペダル 428話 ネタバレ【最新確定ネタバレ428話弱虫ペダル】

      2016/12/16

弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

 

 

弱虫ペダルネタバレ最新話情報です☆

 

~428話 弱虫ペダル ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

~前回のあらすじ~

 

今泉の背中はいつも安心感があると言う坂道

今泉
「ロードレースは長いしすぐに局面が変わる
なのにひたすら前に進むスポーツだ

戻ることはできねぇ
時間の流れに似てる

常にめまぐるしく変化する
そん時に思ってることって
そん時しかねぇんだよ実際

ありがとよ
さっきの言葉はげみにするよ
ま オレは大して優しかないけどな」

小野田
「・・・・・・・・・!!そんなことないよ」

今泉
「さてーーー―」

 

 

ネタバレ 弱虫ペダル 428話

 

息ぴったりのダウンヒル!!先頭の背は・・・もう目の前!!!

 

今泉
「さて・・・ ようやく見えてきたぜ!!」

新開
「ヒュウ っそでしょ!!
あいつら総北 この下りで!!
差を詰めてきた!!」

葦木場
「ああ しかも 追走の1番が追いついて”2人”になってる」
「総北 ゼッケン2番と1番 今泉と小野田!!」

新開
(オレはキッチリ80m/hまであげて下った)

葦木場
「悠人 やめとけ」

新開
「・・・・・・・・・・・・了解す」

葦木場
「これ以上アタック合戦をやっても消耗するだけだ
”2対2”になった
2対1の段階で引き離して
長い距離を独走してゴールまで持ち込む

―――――という第1のプランはとりあえず終了だ
しばらくは中速ペースで巡航 チーム本体を待つ」

手嶋
「先頭4名!!」

鳴子
「カッカッカ やりよった!!
小野田くん!!しっかりスカシと先頭に追いつきよった!!」

青八木
(今泉!!)

鏑木
「2対2に持ち込んでハコガクの動きをおさえたってことすね!!
ハハッ すげーすね!!

ハコガクザマみろ!!ハハッ
ベロベロべー総北の実力思い知ったか」

手嶋
「鏑木 やめといた方がいいぞ」

鏑木
「え 何でですか あいつら絶対オレたちのこと下に見てましたよ
言ってやればいいんですよ ハハッ

ロードレースはチームスポーツです
敵味方ははっきりさせといた方がいいんですよ!!」

鏑木
「あー青八木さん 言ったそばから何すか
敵の参謀と何か話してる!

全くもう!!
コラ 青八木 離れてください!!」

鏑木
「な? !? ちょっ 手嶋さん!?
ハコガクのブタが前に割り込んできたんですけど」

黒田
「ジャマするぜ」

鏑木
「ハァ!?参謀までも!!
コレ一体・・・鳴子さん―――――」

鏑木
「ふぉ!?鳴子さんまで!?」

真波
「やぁ 1年生くん
元気がいい1年生がいるって坂道くんから聞いているよ」

鏑木
「遅刻の人まで!!コレ何なんすかァ!!」

手嶋
「自転車は人数が多ければ多いほど速度も増す
2人より4人 4人より8人!!
人数が多いほど”楽に””速く””遠くに”いける!!
ロードレースでは目的が同じで利害が一致すればたとえ敵同士でも
交渉して協力関係を作って互いに有利にレースをすすめる
それが”協調”!!

さっきまでの箱根学園が先頭で2名逃げていた状況なら
”逃げ切り”でゴールを獲る可能性があるハコガクは協調する必要がない

だけど小野田と今泉が状況を五分にした
今のこの状況では
総北も箱根学園も先頭になるべく早く行ってチームを揃えたいんだ!!」

手嶋
「経験なかったか? 中学ん時も走ってたんだろ段竹と」

鏑木
「チームSSは・・・いろいろルールあって・・・
敵との協調禁止だったんで・・・
オレ・・・・・・ 協調・・・
”利害一致”・・・ ”協力”・・・
こういうの初めてすよ!!

つまり 先頭につくまでの間 この状況!!
ハコガクの皆さんは”仲間”
”チームメイト”ってことすね!!
何かこれ 燃えますね!!

ヤベーすね!! わくわくしますね!!
オレ総北1年鏑木一差す!!

ハハッ!! カブトムシ飼ってます!!」

銅橋
「何 はしゃいでんだ
てめェ さっき てめェ オレたちに向かって何やったか憶えてねェのか ん?」

鏑木
(・・・・・・・・・ あ そういうことだったのか・・・手嶋さん)

銅橋
「てめェ ブルァ!!ブッとばすぞオレンジ!!
こいつ!! 殴っていいか 泉田さん!!」

泉田
「ほどほどにしておけ」

鏑木
「わかった わるかった じゃあ おわびに オレが前出て長めに引こう ブタ」

銅橋
「ブタじゃねぇだろ!!」

鏑木
「ああ 銅橋くんごめん 」

銅橋
「”さん”だ!!」

銅橋
「さっさと前いけぇ」

鏑木
「ハイッ」

(ハハッ!! ヤバイ テンション上がる!!
何だ このドリーム感!!

敵だった人たちと 同じレースで 味方としても走る
銅橋さんや参謀 遅刻の人に泉田さん 何かアガる!!)

━━━━━━━━━━━━━━━

観客
「おーきた追走」
「うお 協調してる」
「総北とハコガクが」
「総北とハコガクの協調だ いっけぇ」
「速っええ」
「すげ」

鏑木
(3日目でキツイはずなのに こんな楽しい瞬間があるなんて!!
オモシれー!! 自転車って おもしれぇ!!
やっぱいるんだな神様って!!)

鏑木
「この協調特急めちゃ速いすから直ぐ先頭に追いつきますね!!」

黒田
「・・・・・・・・・・・・ あ!?オレに話しかけてんのか?」

鏑木
「そうす 黒田さん!!」

黒田
「フッ ああ たぶんな この先とりあえず・・・
考えられる障壁は―――――ない」

アナウンス
「インターハイ 3日目 最終日 最後の集団がスタートしていきます!!」

観客
「ワァァ」
「いけー!!」
「悔いのないように走れよー」
「ガンバレー」
「出しきれよー!!」
「最後だ せめてゴールまでいけよォ」
「ガンバレー」
「精一杯走れよー」
「完走 目指せよー!!」
「トップとは だい分 差がついてるからな」
「ああ 今ここにいるヤツらの誰かが先頭までいくってのは正直 無理だろうな」

井瀬
「周囲のムードはあきらめムード・・・!! 観客たちも!!
けど そうそう筋書き通りにはいかない・・・それが ロードレースばい!!
力を合わせて 敵 味方 関係なく皆で”協調”すれば―――――」

井瀬
「そうとも!! 集団 つくって 協調して前を追いかけよう!!
リーダーはこの熊台 井瀬が引き受けるばい!!

福岡 城西!! 山口代表 山際 奥谷!! 新潟 上越東 櫓丸!!
地元開催の栃木代表 宇都宮中央!! 土佐海高校 清水!!

このままじゃ皆終われんやろうもん!!
最後のインターハイばい!!
最後のペースアップばい!!
先頭に何とか追いついてオイたちの底力を見せつけよう!!」

(藤原 岩崎 おまえたちも頼むばい!!)

藤原・岩崎
「はい!!井瀬さん!!」

井瀬
(卒業生の田浦さん!!
もう協調はせんて誓ったですけどこれしか方法がなかとです!!
オイはまだあきらめるわけにはいかんとです!!)

「相言葉はこれたい
肥後ォもっこす―――――!!
肥後ぉー」

選手たち
「おお もっこすー!!」
「ホントにやれるのか 先頭って・・・? 」
「や・・・やってみるしかないだろ!!オレたちにも意地はある!!」

その様子を見て嘲笑っている浦久保

 

沸き立つ集団!!だが浦久保は・・・!?次号、表紙&巻頭カラー!!

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク


弱虫ペダル 金城真護についての考察はこちら

~弱虫ペダル 429話 ネタバレ 確定430話の展開は?に続く~休載 無料

 - 弱虫ペダル