ワールドトリガー 最強は誰の手に?登場キャラクター強さランキング最新版!

      2016/12/15

~ワールドトリガー 登場キャラ強さランキング最強決定戦!2017年~2018年度版 一覧まとめ最新~

ワールドトリガー考察一覧はこちら

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

 

 

主人公が一人ではないという異例の作品で独自の空間で描かれているワールドトリガーですが、すでに様々なキャラクターが登場しています。

果たして一番強いキャラクターは誰なのか!?

これまでにワールドトリガーに登場していたキャラクターを独自に判断しランク付けしてみました。

 

まずは10位から6位までの発表!

10位 木崎レイジ

『トリガー 全武装(フルアームズ)』

基本的に冷静沈着で落ち着いた性格で、専用のオプショントリガーでその姿はまさに歩く機銃。
体格に似合わない器用さを持っていて、近中遠どれもこなす事が出来るパーフェクトオールラウンダーでトリオン量もかなり多いのが特徴です。

火力も申し分なくトラップも使いこなす事もできるので、ヒュースとのタイマンでは優勢に戦っていました。
しかしその強さの反面トリオン消費が多く、長期戦には向いていないという弱点もある。

 

 

9位 ガトリン隊長

『トリガー 処刑者(バシリッサ)

ガロプラ部隊の隊長で使うトリガーは背中に4本のブレードが付いたアームで戦う「処刑者」。
接近戦はもちろんだがさらに固定砲台を放つ遠距離攻撃を持っています。
そのアームは自由に変形することもできて、盾に変形させて防御にも使えるという優れものです。

天羽曰く、忍田に近い実力を持っているという事から考えると相当の実力者だと推測できます。

 

 

8位 太刀川慶

『トリガー 弧月の二刀流』

主な使用トリガーは弧月の二刀流だが、オプショントリガーの「旋空」を合わせる事で離れたところからでも相手を攻撃することが可能。

ボーダーの中で個人総合ランキング1位というだけあってかなり実力は高い人物で、迅のライバルです。迅とは勝敗では勝ち越しているがブラックトリガーを持っていないためこの位置にランクイン。

戦闘能力ではA級のボーダーでも苦戦するネイバーの新型ラービットを11体も相手にしながら、太刀川一人で倒してしまう程の実力を持っています。しかし、アフトクラトルとは戦う事無く終わってしまっているため、その戦力差が分からないのが判断が難しいところですね。

 

 

 

7位 忍田真史

『トリガー 弧月』

太刀川の師匠でありノーマルトリガー最強の男と言われているボーダーの本部長。

太刀川に剣術を教えいたという実力者でもあり、エネドラとの戦いでは泥の王の生成スピードを超える速さでエネドラのダミーを単独で後一歩の所まで追い詰めるなど最強といわれるだけのことはあって強い。

弟子でボーダー個人総合1位の太刀川と7:3で勝ち越しているところから彼がどれほどの強さなのかが伺えるが、ブラックトリガーが相手ではゼロからでのタイマンだと圧倒的に不利となります。

 

 

6位 エネドラ

『ブラックトリガー 泥の王(ボルボロス)』

おそらく指輪型で、自身を固体・液体・気体の3形態へ変化させる黒トリガーで、攻守ともに最強の強さを持っています。
ダミーを作ってレーダーから逃れることができるため隠密行動にも適しているので潜入兵として活躍していました。

風間隊を単体で倒ししている事から、エネどらを単体で倒すのはほぼ不可能といわれるほど。情報ゼロからの戦いではまず勝てないのではないでしょうか。

作中でも言及されているように、3形態の特異性を活かした初見殺しこそがボルボロスの真骨頂であり、じっくりと分析する機会を与えた事が結果彼の敗因に繋がっている。

 

 

いよいよお待ちかね 5位から1位までの発表!

5位 天羽月彦

『ブラックトリガー 名前不明』

ボサボサの黒髪で常にパーカー着用し、気だるそうにしゃべる少年。
単体での戦闘能力は「風刃」を持った迅悠一をも上回り、ボーダー内でも最強と言われている。
その強大な力を自分の周りには一切お構いなしで使用する問題児でもある。

通常トリガーを使用している際のポジションは万能手に当たるため、攻防一体タイプであり、近・中距離が主な攻撃範囲と推測できます。
技術やトリオン能力も極めて高いため、A級レベルの戦いになると予想されるが、現時点で詳細は明かされていない。

 

 

4位 ハイレイン

『ブラックトリガー 卵の冠(アレクトール)』

卵の形状のトリガーから複数のトリオンを放ち色々な動物に形状を変えそれぞれ速さや動きが変化させ攻撃をしてきます。
(現時点では燕、魚、トカゲ、蜂、海月等が確認されている)

その動物に触れると強制的ににキューブに変化させられ行動不能になるという強力なトリガーです。
さらにキューブ化したトリオンを搾取する事で自身欠損部の修復及びトリオンの補充まで可能になります。

相手を強制的に行動不能にする事も自身のトリオン体も回復出来る事から相当厄介なトリガーで複数相手での戦いにかなり有効となります。

 

 

3位 迅悠一

『ブラックトリガー 風刃』

迅の師匠である最上宗一が黒トリガーと化した姿で、争奪戦を勝ち抜いて手に入れたもの。
通常のブラックトリガーと違って、比較的人を選ばない性質を持っているため、現在も10人以上の適合者が存在している。

視界に入るもの全てが攻撃範囲という強力なトリガーだがその分リロードがあり、近距離戦においてもデメリットがあります。
迅の場合は未来が見えるサイドエフェクトを持っていたためそれを補うことができました。

ブラックトリガーを所持していた頃はS級の強さを誇り、ボーダーの中では1、2を争う実力もあり、さらに迅の持っているサイドエフェクトと合わさればかなり無敵に近い実力者ということになります。

『サイドエフェクト 未来視』

未来が見える能力で、その見る未来には複数の結末があります。
バッドエンドもあればハッピーエンドもあったりと、色々と便利な面が多いし誰よりも先に早く警戒出来る能力です。

 

 

2位 空閑遊真

『ブラックトリガー 名前不明』

遊真のブラックトリガーはメイン武装というものが無い変わりに印(いん)と呼ばれる能力を出して戦闘の補助を行う。
他のトリガーをコピーする事も出来ます。

ブラックトリガーを所持している時の遊真は一番バランスよく戦闘能力があり、接近戦はおそらく一番強いと思われます。
潜在能力や実力的にもヴィザ翁も負けてないが、全盛期のヴィザ翁の能力から遊真は2位にランクイン。

『サイドエフェクト』

相手の嘘を見抜く能力。この能力があれば、騙し討ちなどは利かず、正々堂々勝負でなければならない。
このサイドエフェクトは、特殊な事情によって黒トリガーと共に父親から受け継いだものである。

 

 

1位 ヴィザ翁

『ブラックトリガー 星の杖(オルガノン)』

アフトクラトルの国宝と言われているトリガーを持ち合わせており、杖の部分は鞘になっていて、攻撃時に抜刀します。
杖から放たれる超高速の刃は周りの建物を一瞬で破壊する程の切れ味と広範囲の強さを持っていて、後に映像を解析するまで何が起こったのか判らなかった程のスピードを併せ持っています。

さらにトリガーに頼るだけでなく剣技の実力もあり、ヒュースの師匠でもあります。

実力的には今のところ作中最強ではないでしょうか。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。
1位と2位は正直かなり悩みました。何を基準にするかによって変わるので一概にどちらのほうが上といいづらい部分もありましたが、総合的に判断してヴィザを1位にしました。

全盛期のヴィザと遊真の勝負を見てみたかったですね!

 

以上、登場キャラ強さランキング最強決定戦!2017年~2018年度版でした♪

 



~次回考察へ続く~



スポンサード リンク

その他の関連記事一覧↓

ワールドトリガー考察一覧はこちら

ワールドトリガー人気ランキングはこちら
ワールドトリガー名言まとめはこちら
玉狛第二の新メンバー予想&迅悠一死亡説はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ前編はこちら
ワールドトリガー 主要キャラまとめ後編はこちら

 - 週刊少年ジャンプ, ワールドトリガー ,