ボルト 9話 ネタバレ【最新確定ネタバレ9話ボルト】

      2017/01/27

ナルト外伝 特別読み切り編はこちら

ナルト強さランキングはこちら
ナルト・ボルトの親子2世キャラ比較一覧はこちら

 

 

ボルトネタバレ最新話情報です☆

 

~9話 ボルト ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

 

~前回のあらすじ~

 

モモシキ
「クックック・・・!」
「感謝するぞ・・・」
「愚か者共」

一度は瀕死の状態に陥るも
カタスケの術を吸収して復活を遂げたモモシキ

モモシキがナルトたちを一気に捕えていく

モモシキ
「全員まとめて一瞬で終わらせてやる」

ボルト
「くっ・・・」

そんな中 サスケの言葉を思い返しているボルト

”回想”

サスケ
「ボルト・・・」
「いいかよく聞け」
「奴らは危険だが・・・」
「それを承知であえてお前を連れて行くのには理由がある」

「オレや五影達だけで奴らを倒すことができれば問題ないが・・・」
「もしも万が一そうならなかった場合・・・」
「オレ達の何人かがすでに倒れていたり」
「最悪仲間全員が窮地に陥った場合・・・」
「その時はボルト」
「お前がやるんだ」

「それしかない」
「これは“お前にしかできないやり方”だ・・・」
「師匠(オレ)を信じて作戦どおりにやれ・・・」

”回想終わり”

ボルト
(ビビってる場合じゃねェ・・・!!)
(おっちゃんを・・・・・・)
(オレを信じてくれた”師匠”を信じるんだ!)
(やるしかねェ・・・!!)

意を決して螺旋丸を構えるボルト

 

 

ネタバレ ボルト 9話『まるでお前は』

 

■VSモモシキ 最終局面・・・!!
すべての希望は今 ボルトに託された!!

 

ドシュゥゥゥウウ

モモシキの遠くからチャクラを練るボルト

モモシキ
「死ね」

覚悟を決めるナルト

サスケ
(ボルト お前がやるんだ)

ボルト
(いけっ!!)

螺旋丸をモモシキに放つボルト

螺旋丸に気づくモモシキ

ナルト
「螺旋丸・・・!?」

(あいつあんな術いつの間に・・・)

モモシキ
「フン・・・隠れておればよいものを・・・」

自らの手を螺旋丸の方向へかざすモモシキ

モモシキ
「無駄だというのが分からんようだな」

シュオオオオオオ イイイイイ・・・

フォン・・・

モモシキに届く前に螺旋丸は消えてしまう

モモシキ
「!」

我愛羅
「・・・・・・!?」

長十郎
「・・・何だ・・・・・・!?
ずいぶん手前で消えたぞ
と・・・届いてないッ・・・!」

ボルト
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

モモシキ
「こいつはお笑いだ・・・
よもや届きもせんとはな・・・
・・・まあ安心しろ 貴様ら全員行き先は同じだ・・・」

直後 何かがモモシキの右肩に命中する

モモシキ
「!?」

ナルトたちにかけていたモモシキの影縛りの術が解ける

ダルイ
「奴の術が・・・!」

ナルト
「影縛りが解けた・・・!」

モモシキ
「チッ・・・!」

(しまった・・・!)

ボルト
「父ちゃん!」

ナルトに近づくボルト

ナルト
「ボルト・・・!お前・・・」

モモシキ
「・・・・・・・・・」

(何だ・・・何をしやがった・・・・・・!?)

ボルト
「見えねー術は吸収できねーみてェだな!」

モモシキ
「・・・・・・・・・!」

サスケ
「”螺旋丸”を習得してくれば弟子入りを認める・・・
そうオレが言ったんだ
そしてわずか数日でこいつはそれをモノにした・・・」

(だがその時見せた螺旋丸は小さく不完全なもので
放った後すぐに消えてしまった
一見失敗したかに見えたが・・・
しかしそうじゃなかった

成功していたんだ 無意識にチャクラの性質を進化させた新技―――――)

嬉しそうに言うナルト

ナルト
「へっ・・・・・・・・・
生意気なヤローだ・・・」

ボルト
「へへ・・・・・・!
自分でもどうやってんだか分かンなくて消えるやつしかまだできねーけどさ・・・!」

サスケ
「やれやれ
こんな一か八かの作戦に頼りたくはなかったが・・・
まぁ結果は上々だ・・・
ボルト助かったぞ」

ボルト
「・・・・・・何か引っかかる言い方だってばさ・・・」

モモシキ
「・・・・・・・・・」

バッ っと高台に移動するモモシキ

モモシキ
「勘違いするなよゴミども・・・ 死ぬのが僅かに延びただけだ」

右手の輪廻眼で仙丹を錬成して飲み込むモモシキ

━━━━━━━━━━━━━━━

モモシキ
「おおオオオオオ!」

モモシキの体中からチャクラが溢れ出す

ダルイ
「野郎・・・
次の攻撃で決める気だぜ・・・!」

ナルト
「ボルト!
もう一度螺旋丸を!」

ボルト
「! いや父ちゃん・・・
オレのじゃとても・・・」

ナルト
「いいから!」

ボルト
「・・・・・・・・・・・・」

モモシキ
「オオオオオオオオオオ!」

ナルトに言われた通りに両手で螺旋丸を作りナルトの前に見せるボルト

そして ナルトはボルトの手の下から自分の手を重ねる

ドシュウウウウウウン

ボルト
「!」

どんどん巨大化していくボルトの螺旋丸
それと同時にナルトの過去の記憶が溢れ出てくる

ボルト
(・・・この・・・・・・・・・重み・・・・・・・・・・・・!!
・・・ここまでするのに・・・一体・・・・・・・・・
どれだけの・・・・・・)

ふとナルトの顔を見るボルト
ナルトは満面な笑みで笑っていた

その顔を見たボルトの瞳から涙が溢れてくる

そして自信に満ち溢れる表情で言う

ボルト
「・・・負ける気がしねェ・・・!!!」

ボルトの巨大な螺旋丸を見て言うモモシキ

モモシキ
「フン・・・そんなもの
いくらでも作れるわ・・・!」

右手から巨大な黒い弾を作り出すモモシキ

サスケ
「分かってるだろうが・・・」

鞘から刀を抜くサスケ

サスケ
「チャンスは一度きりだ 行くぞ」

ボルト
「オウ!!」

モモシキに斬りかかっていくサスケ

しかしモモシキはサスケを蹴っ飛ばす

サスケ
「くッ・・・」

モモシキ
「見え透いてるぞバカめ・・・」

そこへボルトがモモシキに襲いかかる

モモシキ
「!?・・・こざかしい!」

ボルトの放ったクナイでモモシキの右手の輪廻眼に傷が出来ていた

モモシキは苛立ちながらボルトの首を掴む

モモシキ
「黒マントの奴は囮だったか・・・
フン だが残念だったな」

モモシキ
「!?」

突然ボンと消えるボルトの分身

モモシキ
(こいつも囮だとッ・・・!!)

ボルト
「おおおおお!」

モモシキ
「チィッ」

焦るモモシキも左の黒い弾をボルトにぶつけにいく

ナルト
「・・・行け ボルト」

螺旋丸を放つボルト

ぶつかり合う二つの弾

モモシキ
「ぬゥウォオオ!」

ボルト
「!くっ・・・ドぉオオオ!」

最後はボルトの螺旋丸がモモシキを上回る

モモシキ
「!!」

モモシキに螺旋丸が直撃

モモシキ
「ごォォオオオ」

ボルト
「がぁアア!!」

モモシキ
「おオおあアアア!!」

モモシキがボルトの螺旋丸に耐え切れず
圧し潰されて一気に吹き飛ばされる

ボルト
「ハァッ ハァッ ハッ ハァッ
は―――・・・いてて・・・!」

ナルトを見つめているサスケ

サスケ
「・・・・・・・・・・・・・・・」

~回想~

ナルト
「螺旋丸」

ボルト
「父ちゃんとは違うんだよ 才能が!」

サスケ
(そう思いたくなかったが)

「・・・・・・・・・・・・フン・・・・・・忍びの本質は変わらない 時代がどう変わろうとも・・・」

サスケ
「まるでナルトだよお前は ボルト」

 

■―受け継がれるのは力ではなく その意志と魂・・・!!モモシキ 完全撃破!!

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ナルト外伝 特別読み切り編はこちら

ナルト強さランキングはこちら
ナルト・ボルトの親子2世キャラ比較一覧はこちら

~ボルト 10話 ネタバレ 確定11話の展開は?に続く~休載無料

 - BORUTO -ボルト-