プラチナエンド 6話 ネタバレ 【謎の神候補!その望みは?】

      2017/06/02

プラチナエンドネタバレ最新話情報です ジャンプSQ.2016年5月号

6話 プラチナエンド ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

ジャンプSQ.2016年5月号

 

プラチナエンド6話ネタバレ

実況「第2部とは一体!?目が離せません チャンネルはそのまま」

解説の正義「はい 第一部も何が起きたのかよくわかりませんでしたが・・・」

明日(ここまでは縦横無尽なメトロポリマンの思い通り・・・3人の神候補が誘き出され、1人は白の矢で殺され、2人には赤の矢)

明日(下手に動いたら殺される・・・?神候補とバレないようにしているしか・・・)

メトロポリマン「っておい、そこの天使」

ルベル「抜けめないですね」

メトロポリマン「ソイツに与えた翼と赤の矢、僕にはもらう権利があるはずだ 一応もらっておく」

首にはまってる輪と腕にある輪をメトロポリマンに渡す

首に2つ、腕に3つ輪がつくメトロポリマン

メトロポリマン「どうも じゃ、もう行っていい」

 

天使はブルーを連れて空へ

メトロポリマン「バイト君と僕の影武者、君達も帰れ」

ピンク「え?もう?あんなにもらったのにいいんですか」

グリーン「あざーす」

影武者「・・・ぼ・・僕はもっと一緒にいさせてください ポリマンさんの大ファンなんです」

影武者「・・・じゃ、失礼します!いつでも呼んでください」

と頭を下げた後、走って去っていく影武者

メトロポリマン「うむ」

客「なんだみんな帰っちゃった」「つまんねーな」「せっかく5人揃ったと思ったのに」

正義「これは一体・・?」

実況「やはり偽物だった?ということでしょうか?」

客「それよりブルー死んだんだろ、ヤベーよ」「何ビビってんだよ、面白いじゃん 第2部始まるって言ってるし」

メトロポリマン「じゃ始めるか」

と右足から手錠を取り出す

イエロー田淵「手錠?」

実況「手錠!?脱出ショーか何かですかね?」

メトロポリマン「これでイエローの右手とちーちゃんの左手を繋いで」

イエロー「え?はい」

ちーちゃん「ポリマン様とがよかった~」

イエロー「それはこっちのセリフ」

さらにちーちゃんの手とベンチ前にある柵とでつなぐ

メトロポリマン「よし、これでいい イエローからだ」

イエロー「?」

メトロポリマン「君達は僕に赤の矢が刺されてるわけだが、言うことを聞いてもらうにも限界がある」

イエロー「いえいえ、ポリマン様の言うことならなんでも」

ちーちゃん「うん」

メトロポリマン「じゃ、死ねって言ったら?」

白の矢を出す

明日(白の矢!)

メトロポリマン「僕に対し死ぬほどひどいことしてれば別だけどそうじゃないだろ?」

イエロー「それは・・・まあ・・」

二人に向けて矢を構えるメトロポリマン

イエロー「・・向けないでください」

翼を広げて逃げようとする

ちーちゃん「ちょっ、痛っ!」

メトロポリマン「ホラ、飛んで逃げようとするだろ 赤の矢には限界があるんだよ」

イエロー「じ・・冗談ですよね」

メトロポリマン「冗談なわけないじゃん」

と本気のメトロポリマンにイエローは翼を羽ばたかせて飛んで逃げようとするが手錠があるためそれもできず

ちーちゃん「痛い、痛い」

ムリヤリ引っ張られてちーちゃんの手には血がにじむ

イエロー「やめてェェエエ」

そして本当にイエローに白の矢が撃たれる

倒れるイエロー 絶望の表情で見つめるちーちゃん

実況「メ・・・メトロイエロー倒れました・・・メトロポーン・・でしょうか?」

客「メトロポーンって・・ひえっ」「こ・・これ、ショーだよね」「ちがうだろ・・・」「怖い・・」「メトロポリマン、正義の味方じゃなかったの?」

「これマジでやばくね!?」「やっぱり敵なの?」「こんなの・・・もう見てられない」

ルベル「明日、大丈夫でしょうね」

ナッセ「え?何が?」

ルベル「次はあの少女の番 止めに入ろうとしたりしなければよいのですが」

ナッセ「あ、そっか」

ちーちゃん「いや、たすけて わあああああ」

客「女の子狙われてるぞ、メトロポーン!?」「あの子も悪?」「信じられない」

咲「殺されちゃう」

明日(咲ちゃん くそっ、どうすれば 赤の矢を用意して・・・見えない速さで飛んでいって・・)

明日(ダメだ!矢を放つ前に飛んで逃げられたら自分が神候補だと晒すだけ 下手な事をすれば俺が殺される 死んじゃダメだ 死んじゃダメなんだ)

明日が思案し、客が混乱する中、この様子をスマホで撮影している人物がいる模様

明日「さ・・咲ちゃん何か・・・何かいい方法ないかな?」

咲「わ・・・わからない」

とその時、ちーちゃんの前にちーちゃんについてると思われる天使が現れる

咲と明日「・・・・」

メトロ「はあ?やめてくれってなんだよ?やめたくなるようなこと提案しなきゃやめないでしょ アホだな、2級天使は
面白い おまえもそこで命乞いしろ」

ちーちゃん「いやーー、助けてーーーっ」

メトロ「いいねーーー、やればできるじゃん」

正義「これは・・・ちょっと・・・」

実況「テレビ的にも・・・」

メトロ「腰抜けの神候補ども」

ちーちゃん「助けて・・・ヤダ ヤダヤダヤダ~~ わぁああ」

メトロ「こんな子供も見殺しにするのか!?」

咲と明日「・・・・」

咲「やめて・・・」

明日「咲ちゃん」

ちーちゃん「わあああああ」

咲の言葉に明日は翼を出そうとするその時

??「出ちゃダメだよ」

明日「!」(ナッセ!!)

ナッセ「何の策もなしに動いちゃダメ ただ神候補と教えるだけ」

明日(・・・・・)

咲「ごめん架橋くん・・・ナッセの言う通り・・・動いたら・・・」

明日(で・・・でもこのままじゃあの女の子は・・・いや神候補を誘き出せなければ今すぐ殺したりは・・・?少なくとも33日はあいつの味方なんだ・・・)

メトロ「なんだまた天使か 出てきてほしいのはそっちじゃないのに まあ僕好みの可愛らしい天使だから今度はOK 僕の天使の方がセクシーだけどね」

ナッセ「もうその女の子を使っても神候補は出てこないよ」

メトロ「そうか、用済みか」

というと白の矢をちーちゃんに向けて放つ

倒れるちーちゃん

メトロ「残念だったね 神候補が出てこなければ殺さないと思ってた?僕の目的は1人でも候補を減らすこと」

メトロの近くに降りてくるナッセ

メトロ「ん?可愛い顔を見せに来てくれたか」

ナッセ「うん、ちょっとあなたと内緒話したくてね 残念だったね?ってどういう意味?」

メトロ「まあそうか 自分の神候補を神にしたいんだもんな その意味じゃ今日3人も減らした僕に感謝だろ」

正義「何をブツブツ独り言を・・・」

実況「・・・聞こえても・・・意味のわからないことばかりでしたが・・」

明日(ナッセ・・・一体何を・・・)

メトロ「邪魔って言われてもね でも神になるのは僕だ」

ナッセ「それはないよ」

メトロ「そう?根拠は?」

メトロ「フ・・・そんな幼く可愛らしいのに特級?」

ナッセ「だとしたら可愛さが特級なのかもね」

上空に飛ぶナッセ

ナッセ「ずっと残っていても目立っちゃう 帰る人に交じって普通に帰ろ」

メトロ「・・・・」

咲「架橋くん・・・」

明日「うん 行こう・・・」

帰る人も出てきた中、それにまじって帰る2人

それを見届けてナッセも去る

ナッセ「メトロポリマンさん、またね」

メトロ「・・・・さてと、イエローとちーちゃんの天使、翼と矢をもらおうか」

首に2つ、右手に一つ輪が追加される

そしてその場から消え去る

正義「き・・・消えました」

実況「・・・どうやら・・これで終幕のようです・・・今倒れた方たちに救急班が向かっていますが、えー・・・我々も言葉を失っております 一旦スタジオへお返しします・・・」

球場の外へ手を繋いで出る明日と咲 咲の眼には涙

明日(何もできなかった・・・3人・・・目の前で殺されただけ・・・)

ナッセはルベルがいる咲の部屋へ先に戻る テレビを依然として見ている

ルベル「よく止めてくれました」

正義「ここ・・スローでよく観るとメトロポリマンの入れ替わりが・・・」

実況「3人亡くなっているんですからいまはそういうことは・・・」

ルベル「また3人殺しましたね・・・何のためらいもなく これでメトロポリマンは殺すしかないとよりハッキリしました
もっとももうあの姿で現れるとは思えませんが
それでも何とかして明日に殺してもらうしかありません」

ナッセ「そんなこと明日くんが帰ってきても絶対言わないでよ」

ルベル「なぜですか?そうしなければ明日にも咲にもよい将来があるとは思えない」

ナッセ「そんなことわかってるよ でも、明日くんまだ赤の矢を刺した叔母さんが死んだトラウマに苦しんでるの それに自分でそうしようと思わなければそうしない人だから
人間を殺して幸せになれるって思えない人だから」

ルベル「たしかに殺せ殺せでは逆効果になるかもしれません」

咲と明日も帰宅して、部屋でふさぎ込む二人

明日「何もできなかった・・・」

ルベル「何もするなと止めていたのは僕達天使です」

明日「3人見殺し・・・」

咲「架橋くんには何の責任もない 憎むべきはメトロポリマン・・・」

明日(・・・憎む・・・)

明日「咲ちゃん、メトロポリマンが憎い?」

咲「・・・もちろん・・・許せないよ あんな小さい子まで・・・今日までで4人も・・・」

明日「・・・・うん」(咲ちゃんでも人を憎むんだ・・)

ルベル「殺された3人が善良な市民だという事はもうわかっている頃 警察が動きますよ」

明日「警察?警察が捕まえられるかな?」

明日以外の3人「・・・・」

明日「仮に赤の矢を刺せて自首させたとしても33日経てばまた・・・今の状況を全部話して理解してもらい、相当な場所に閉じ込めてもらわなければ・・・それも人との接触が一切ないところに」

ルベル「まず理解してもらえないでしょうね もし理解されたら明日も咲も危険人物として捕まります」

明日「・・・でも駄目なんだ 俺にはできない・・・小さい時、家族が死んでから忘れられない父さんと母さんの言葉があるんだ 帰ってきてからそればかり思いだしてる だから、殺せない 人を憎むこともできない」

子供の頃の回想へ

公園で家族できている明日、父、母、弟 弟はうんていをやっている

母「もう少しあとちょっと」

開良「ん~~~~~~~」

しかし手が滑って落ちてしまう

開良「あ、ひ」

明日「ははははははは」

父「楽しいか明日」

明日「うん 当たり前じゃん 家族と一緒が一番楽しい」

父「俺もだ・・・休日こうして明日達と過ごしてるのが一番幸せだ」

明日「お父さん」

父「ん?」

明日「よくお母さんが幸せになるために生まれたとか言うじゃん」

父「ああ言うな 口癖みたいなもんだ、気にするな」

明日「そうじゃなくて・・・僕今幸せだけど」

父「?」

父「・・幸せだって思い込むことじゃないか?」

明日「思いこむってテキトーだなあ・・・」

父「ん?そうか?結構マジだったんだけど」

明日「それじゃ皆じゃないし思いこみだけで幸せと思えない時もあるじゃん」

父「明日、人が一番やってはいけないことって何だと思う?」

明日「え?」

父「人間が人として一番してはいけないことだ」

明日「・・・・人殺し・・・とか?」

父「アハハ、違いない それは絶対ダメだ でもそれは法律でダメって決まってることだろ 俺が言ってるのは法律以外で人としてしてはいけないことだ」

明日「ホーリツ以外で?そんなのわかんないよ」

父「俺もまだ36歳 人生を語るには未熟だが、俺はこう思って生きている
一番してはいけないのは人を憎んだり恨んだりすること
そこからは何もいいことは生まれない」

明日「やっぱりお父さん大人だ」

父「なんだそれ?」

明日「人を殺したりは絶対いけないけど、まず人を憎まない、恨まない なんかそれ聞いて成長した」

父「え?成長?早っ はは、まあならよかった でもそんな昔から言われてるような簡単なことが人間はできないのかもな できていればもっと争いや紛争がなくなって不幸な人は減り、幸せをつかめる人が増える お母さんの言う皆が幸せに近づくかもしれないな」

回想終わり

明日(父さん母さん俺・・どうすれば・・・)

ナッセ「誰もメトロポリマン殺せなんて言ってないよ?」

ルベル「そうです ただこのまま放ってはおけないと」

無言が続く中、咲が何かに気づく

咲「仲間・・・球場に行って思ったの ほとんどの神候補はメトロポリマンをよく思ってないはず なら力を合わせればって・・・」

ルベル「なるほど・・・この選抜の構造上仲間を増やした方が有利 まずはできるだけ多くの神候補を集めることからかもしれないですね」

ルベル「神候補に渡せば与えられた候補は矢と翼を永遠に使え、神候補でなくても赤の矢を刺してから渡せば自由に使えます その場合の使用期限は33日ですが」

ルベル「こっちは特級1人、2級1人・・・少なくとも1級以上のついた3人の仲間が欲しい」

咲「・・・・3人・・・」

明日「・・・でもどうやって探せば・・」

と言ってると窓の方でコンと音が鳴り

咲「何?」

とカーテンを少し開け見てみると

窓に手がバンとはりつき、そこには不気味な男

悲鳴をあげる咲

明日「咲ちゃん・・・・・!」

手を見ると、そこには輪っかが

明日「神候補・・・!」

会話を聞いてたらしい男は

男「その案に賛成だ」

明日「!?」

男「自分も翼と赤の矢を持つ神候補 もっとも矢の方は球場での神候補捜索に14人動かしちまって今は使えない」

来たりし者・・・その望みは!?

 

~ジャンプSQ.2016年6月号プラチナエンド 7話 ネタバレ 確定8話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク

 - プラチナエンド