バキ道 141話 ネタバレ【最新確定ネタバレ141話バキ道】

      2017/01/19

刃牙道強さランキングはこちら
範馬刃牙の強さの秘密はこちら
バキ道の見どころと今後の展開予想はこちら

 

 

バキ道ネタバレ最新話情報です☆

 

~141話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

 

~前回のあらすじ~

 

一瞬にして立ちはだかるすべての警官隊を蹴散らした武蔵

隊長の警部補は左目を負傷し
その他の警官は全員が気絶して決着

武蔵は大塚だけは気絶させずにそのままその場から悠然と立ち去っていった

 

 

ネタバレ バキ道 141話

 

武蔵対国家 開戦!!
現在に蘇った剣豪の
行き着く先は・・・!?
武蔵暴挙の波紋は広がり・・・?

 

テレビのニュース番組で武蔵の報道がされる

安住(ニュースキャスター)
「あの剣豪が大暴れです」


安住(ニュースキャスター)
「昨夜深夜、新宿区にて警察官が
”宮本武蔵”を名乗る男に同行を求めたところ

男は抵抗―――――
警察官と乱闘となり
そのまま姿を消したとのことです―――――

事態を重く見た警視庁は 男の足取りを追うと共に
捜査の規模を拡大し今後に備える構えです―――――

現代に蘇った剣豪「武蔵」を名乗る人物
何処へ向かい 何に向かっているのでしょう

そして彼は―――――一体何者なのでしょう・・・?」

背景には徳川家の前に止まっている複数のパトカーと警官たちの姿

立入禁止のテープが貼られている

━━━━━━━━━━━━━━━

そのニュースを家で見ている刃牙

バキ
(あの時・・・)
~本部回想~

(俺たちはそれぞれがそれぞれに繋がっている)

バキ
(本部さんの言葉・・・・・)
(その通りだ)
(「生きる」とはそう)
(誰かとの繋がりのなかで営まれる)

本部
「一方――武蔵だ」

バキ
(言われて初めて気付いた当り前っちゃあまりに当り前の)
(「武蔵」さんの孤独・・・・ッツ)
(まるで見えていなかった)


バキ
(あの――――
浮世離れした双眸に射竦められて

あの――――
他人との交流を拒絶したような
無機質な眼差しに魅入られて)

バキ
(あの―――――
孤高過ぎる武士道の実際に目を晦まされて

あの―――――
異次元の「戦力」ばかりに目がゆき
精悍に過ぎる「佇い」ばかりに目がゆき)


バキ
(まるで見ようともしてなかった
あの―――――
”孤高”の孤独をッツ)

バキ
(不覚・・・・・・・・・・・・・・
現世に誕生れ・・・・・
現世に育まれ
現世に生き続けてさえ尚 孤独がある)


バキ
(家族 親戚 恋人 友人
心許せる者が誰一人いない異空間へ
400年前の戦国の時代からいきなりの現代
どんだけ”独り”なんだ!!?)

━━━━━━━━━━━━━━━

場面変わり ひとり高架橋の下で焚き火にあたっている武蔵

その時 武蔵が気配を感じる

右方向を向くと暗闇から人物が近づいてくる

それは大勢の機動隊を引き連れた警部補だった

武蔵
「アンタか」

警部補
「アンタを包囲した
100人単位の武装集団だ」

武蔵
「・・・・・・・・・」


警部補
「最新装備の100人
さすがの宮本武蔵といえど逆立ちしても勝てやしねえ

兵法者だったよな
賢明に振る舞うことだ」

武蔵
「・・・・・・・・・」

警部補
「おとなしく”お縄”になりな」


武蔵
「申した筈だが」

警部補
「・・・・・・」

武蔵
「捕えたらよい」

 

総力を挙げ・・・大捕物開幕ッッ!!

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

刃牙道強さランキングはこちら
範馬刃牙の強さの秘密はこちら
バキ道の見どころと今後の展開予想はこちら

~バキ道 142話 ネタバレ 確定143話の展開は?に続く~休載 無料

 - 刃牙道