バキ道 138話 ネタバレ【最新確定ネタバレ138話バキ道】

      2016/12/16

刃牙道強さランキングはこちら
範馬刃牙の強さの秘密はこちら
バキ道の見どころと今後の展開予想はこちら

 

 

バキ道ネタバレ最新話情報です☆

 

 

~138話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

 

~前回のあらすじ~

 

トランプに続き ヒラリーが登場!

勇次郎に江珠と友達なので宣誓させて欲しいと願い出るヒラリー

オーガ
「誓いはいらねえ」

オーガ
「江珠の友人なら守護ってやる」
「ただし―――――」
「勝手に誓ったら犯す」

ヒラリ―に詰め寄る勇次郎

オーガ
「何度もだ」

赤面し鼻血を垂らすヒラリー

ヒナリ―
「こんな怪物に犯されたらひとたまりもないわネ」
「さて―――――」

ヒナリ―
「退散退散」

退室するヒラリー

 

 

ネタバレ バキ道 138話

 

キャスターをエア惨殺した
武蔵を待ち受けるモノは・・・!?
衝撃的”エア惨殺”
その影響は・・・?

 

”TV局”

テレビ局の一室で事情聴取を受けている様子のミヤネ

ミヤネ
「まずここ―――――」
「―――――でここ・・・・・」

ミヤネ
「―――――で ここですわ バッサリと・・・」

ミヤネ
「え?」
「いや・・・ホンマに斬られた感覚でしたよ」
「頭ン中」
「胴体」
「ワカりましたもん」
「刀が通り抜ける感じ」

ミヤネ
「その後?」
「失神ですもん」
「気付いたら病院のベッドですわ」

ミヤネ
「・・・・・・・・・・」
「あ~~~・・・・・・」
「それはフツ―に思いましたね」
「あ・・・俺 死んだ・・・・って」

 

場面は変わり ミヤネ&武蔵の収録ビデオを検証している様子の刑事たち

刑事
「立ち上がり―――――」
「2~3言 言葉を交わし―――――・・」

刑事
「ここッツ」

刑事
「去る・・・・・・・と」

刑事
「見えねえな”噂”の刀」

刑事
「しかも指一本触れてない」
「これはさすがに難しいのでは」

刑事
「ブッ倒れてんだぜ」
「それもまた紛れのない事実だ」

刑事
「センセイ こういうケースは」

センセイ
「狙いは罪を造ること」
「罪造りです」
「事実はどうでもいい」
「捕まえたいのか そうじゃないのか」

センセイ
「捕えたいのなら」
「街を行く通行人全て 塀の中へ入れられます」

センセイ
「善良かどうかは一切問わない」
「歴史的凶悪犯―――――」

それを聞いて顔を見合わせてうなずいている刑事たち

━━━━━━━━━━━━━━━

”徳川家”

場面は変わり徳川邸の前に集まっているたくさんのパトカー

警視総監を筆頭に警察官たちが徳川家の玄関に押し寄せている

徳川
「重要参考人じゃあ!?」

警視総監
「はい なにぶん―――――」
「この度の”事”は」
「全国放送のただ中で起きた事例であり」

徳川
「アホウッ ワシは現場におったわいッツ」
「全てをこの目で見とる」
「指一本触れとらん!!!」

警視総監
「で・・・・・ですから 逮捕・・・ではなく」

徳川
「内海警視総監」

徳川
「問題は本人じゃ」
「本人が同行を拒否したとする・・・・・・・・」
「これは厄介じゃぞ・・・?」

内海警視総監
「御老公・・・・・・・・・・」

目を見開いている警視総監

その視線の先には武蔵がいた

背後に武蔵がいることに気づいた徳川

徳川
「おぬし・・・・」

武蔵
「逃げも隠れもする」
「ただし―――――」
「現れては斬る」

徳川の前に出る武蔵
そんな武蔵に怯んで後ずさりする警察官たち

武蔵
「開始まるぞ 徳川」

武蔵
「”戦”だ・・・・・」

 

もう後戻りは出来ないッッ!

 

 

嘘バレ バキ道 138話

 

テレビ局から出る武蔵
するとそこには徳川と勇次郎が待っていた

━━━━━━━━━━━━━━━

勇次郎
「宮本ぉ~

有名になり出世したいなら
もっといい方法があるぜ~

ついてきな」

そんな勇次郎を無視してヘリを見ている武蔵

武蔵
「ほう~
なんとッ!
空飛ぶ乗り物とな!!」

勇次郎そっちのけでヘリに興味津々の武蔵
しかし次の瞬間 武蔵の表情はキリッと切り替わっており
一気に空気が張り詰める

━━━━━━━━━━━━━━━

武蔵
「徳川よ
俺を戦国の世へ戻せ
今すぐにだ
かがくとやらで可能なのだろう?」

徳川
「そ それはさすがに・・・
ちょっと・・・ね?」

武蔵
「・・・できぬなら命で
償ってもらう他あるまい」

恐怖で思わず腰が抜ける徳川

その様子を眺めながらニヤリと笑う勇次郎

勇次郎
「徳川よ 用心棒は必要か?
安くはないがな」

━━━━━━━━━━━━━━━

ナレーション
『人間の頭がこんなに早く縦に
振れるものなのかというくらいに
徳川のプルプル感は見てる人を惹きつけた

そして徳川はプルプルおじいちゃんとして
全国ネットで有名になった

プルプルおじいちゃんTシャツや
プルプルおじいちゃんまんじゅうなど
様々なグッズが大流行

そしてプルプルおじいちゃんカンパニーが創設された

それで人々の記憶から
勇次郎や武蔵は消えて

なんか色々わからないけど守護ったのである―――――』

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク


刃牙道強さランキングはこちら
範馬刃牙の強さの秘密はこちら
バキ道の見どころと今後の展開予想はこちら

~バキ道 139話 ネタバレ 確定140話の展開は?に続く~休載 無料

 - 刃牙道