バキ道 105話 ネタバレ 【激戦は次なるステージへ!】

      2017/03/23

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

 

バキ道ネタバレ最新話情報です。

105話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

前回の終盤の流れ。

 

飛び出す臓腑すら感じるほどのリアルな斬撃―――――
何者―――――・・・・・・?
今まで対峙して来た者たちとは一味違う・・・・・・

勇次郎や渋川に列、独歩や刃牙の顔を思い浮かべるピクル。

そしてピクルは本気モードに突入。

武蔵
「ほう
これはこれは・・・」

武蔵は本気モードのピクルに、勇次郎と同じ金銀財宝の山のイメージを見る。

激闘、ますます最高潮へッッ!!

 

どうなる武蔵vsピクル!!

 

今回の見どころは、武蔵に対し足の構えを取るピクル。

 

そして恋人繋ぎを見せる両者♪

武蔵&ピクル
(捕まえた♥)

 

バキ道105話ネタバレ

ピクルに黄金の財宝の山を見た武蔵。

武蔵
「む?」

「ほぉ~・・・・・・」

(こ奴もまた 黄金の山を背後に・・・)

(それも 大判の―――――)

さらに人々がその黄金の山に我先にと手を伸ばすイメージも。

武蔵
「ふむ・・・やはりと言うべきか・・・」

ピクルの手足の長い爪を見る武蔵。

武蔵
「その稀有なる形の爪・・・
鍛え上げた真剣にも全く引けを取らぬであろう」

「数多の敵と刃を交えたが・・・
お主のような者は初めてだ」

アルバート博士は未だ廃人状態だが、徳川たちは緊迫の面持ちで成り行きを見つめている。

両の手にエア刀を握る武蔵
「類まれなる強靭な肉体・・・」
「この無刀・・・真の力を試すに相応しい」

再び空間が歪むほどのオーラを発する武蔵。

徳川
「!」

アルバート博士
「!」

武蔵の凄まじいオーラに、博士もようやく正気を取り戻す。

そこであの強敵にのみ見せる四足の構えを取るピクル。

その不穏な空気を感じ取り、武蔵は思わず距離を取る。

武蔵
「・・・見たこともない型だが・・・
いったいなんという流派なのだ・・・?」

向かい合うピクルと武蔵。

それが太古の恐竜同志の対決かのように錯覚する一同。

T-レックス、トリケラトプル、ブロンコサウルス・・・といった屈強な恐竜の足が次々にイメージとして湧きあがる。

徳川
(紛れもない・・・)
(太古の昔に)
(確かに存在した)
(猛獣同士の)
(戦いが)
(開始まるッッ)

ドンっと飛び出したピクル。

渾身のタックルをかわさず受け止めていく武蔵は壁に叩きつけながらも、その両の手を捕らえていく。
恋人繋ぎを見せる2人。

武蔵&ピクル
(捕まえた♥)

遂に互いを捕獲えた2人!! 激戦は次なるステージへッ!!

~バキ道 106話 ネタバレ 確定107話の展開は?に続く~

随時追加更新


スポンサード リンク


刃牙道強さランキング決定戦はこちら

 - 刃牙道