バキ道 104話 ネタバレ 【ピクルの強さは勇次郎レベル?】

      2017/06/02

刃牙道強さランキング決定戦はこちら

バキ道ネタバレ最新話情報です。

 

104話 バキ道 ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ

 

原人ピクルVS武人武蔵、本格開戦ッッ!!

 

いよいよ本気モードになったピクル!

そんなピクルに武蔵は勇次郎と同じ金銀財宝の山のイメージを見る。

ピクルの強さは勇次郎レベルなのか!?

 

バキ道104話ネタバレ

武蔵に手首を折られ、座り込んで呆然としているアルバート博士。

博士
(アレは・・・なんだったんだ・・・
手刀・・・?
イヤ・・・
確かに斬られていた・・・
確かに切り刻まれたッッ
全身を・・・
まるで
真剣で斬られたかの如く
筋肉を切断され―――――
脊髄を切断され―――――
臓腑を斬られ―――――
果ては首まで切断された―――――ッ
血が吹き上げる様子さえ視えた・・・・・・
死・・・・・・・・・・・・ッッ
確実に感じた
37兆個の細胞が
一つ残らず死を感じ取っていた・・・!!)

そんな廃人状態になった博士の横で、対峙している武蔵とピクル。

ピクル
「バルウラアアアアアアアァアッッッ!!!」

 

原人VS武人、本格開戦ッッ!!

 

ピクルは本能的に感じていた
眼の前の"敵"は
かつて遭遇した天災に匹敵する危険性を孕んでいることを―――――
かつて苦労させられた
あの"恐竜"と同じほどのサイズしかないちっぼけな敵―――――

武蔵に活火山のイメージを見るピクル。

武蔵に強烈な蹴りを繰り出すピクルだが、ひらりとかわす武蔵は、伸ばしたその脚に無刀を放つ。

両手にエア刀を握った武蔵が渾身の一撃を放つ。

脛の辺りに喰らった無刀に悶絶し絶叫するピクル。

徳川やアレンたちが緊迫の表情で見守っている。

斬られた足を見るピクル。

しかし切断はされておらず、斬られた場所に痣が残っているだけの様子。

武蔵
(やはり硬い―――――
骨まで斬った感触があったが・・・)

ピクル
『何者・・・・・・?』

武蔵に向け渾身のアッパーを繰り出すピクル。

しかしそれを完全に見切っていた武蔵はガラ空きの腹部へ再度無刀を放つ。

またしてものたうちまわるピクル。

武蔵
「ふむ」

飛び出す臓腑すら感じるほどのリアルな斬撃―――――
何者―――――・・・・・・?
今まで対峙して来た者たちとは一味違う・・・・・・

勇次郎や渋川に列、独歩や刃牙の顔を思い浮かべるピクル。

そしてピクルは本気モードに突入。

武蔵
「ほう
これはこれは・・・」

武蔵は本気モードのピクルに、勇次郎と同じ金銀財宝の山のイメージを見る。

激闘、ますます最高潮へッッ!!

 

~バキ道 105話 ネタバレ 確定106話の展開は?に続く~

随時追加更新

 


スポンサード リンク


刃牙道強さランキング決定戦はこちら

 - 刃牙道