ハイキュー 238話 ネタバレ【最新確定ネタバレ238話ハイキュー】

      2017/01/19

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

ハイキューキャラクター能力強さランキングはこちら
ハイキュー イケメンランキングはこちら

 

 

ハイキューネタバレ最新話情報です☆

 

~238話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

今、この道が春へと続き・・・

 

~前回のあらすじ~

 

日向
「くっ・・・!」

日向
(今日2回目・・・!)

澤村
(・・・いつもの野性的反射とかじゃなくて
読んでいた)

そのことに影山も月島も気づいている様子

コートの選手たちを見る滝ノ上

滝ノ上
「なんつーか・・・育ってんな・・・!」

そのとき日向はさっきの月島の
ブロックを思い出しながら

日向
(そうだよな。強打じゃないからって
前に落とすとは限らないじゃんか)

真剣な日向の横顔を見ている武田

武田
(ああ。インプットしている)

 

 

ネタバレ ハイキュー 238話【攻防】

”日向サーブ3回目”

丸山がレシーブする

丸山
「オシッ」

越後のトスから寺泊がアタック
その一つ一つのプレイを日向の目は
しっかりと捉えている

そしてコースを読んで動き出す

しかしそのボールに月島がワンタッチ


山口と成田
「ナ”イスワンチッッ」

烏養
(月島ノってんな・・・!)

田中
「チャンボ!」

そして後衛から日向が走り出す

菅原
「行ったれ日向
ウシロ・マイナス!!!」

そしてそのバックアタックが決まる

実況
『!! バックアタックも凄いスピードだ
日向翔陽ーッ!!まるで弾丸ーッ!!!』

解説
『ただスピードがあるという訳ではなくて
高さもあるんですよね』

実況
『なるほど』

解説
『トスがきっちりスパイカーの最高打点へ供給されていて
日向くんもそれをわかって宙で待っているんですね・・・
そして宙で“待てる”バランスの良さですよね』

実況
『椿原のブロックも反応できてはいるんですけどねー・・・!』

 

”椿原学園タイムアウト(2回目)”

大佐渡
「あわてないよー 1本切ってこー」

選手たち
「ハイ!」

当間
「クッッソ!」

越後
「オッケーオッケー惜しいぞ 反応できてる」

丸山
「上げれるボールだ ブロックよく見てこう!」

 

観客達がざわついている

観客
「ひぇー!烏野の小っさい10番
空中で止まってるみたい!」

「10番やっぱ攻撃は得意なんだな(笑)」

観客
「燃えろ燃えろ燃えろ烏野」

「決めろ決めろ決めろ烏野」

 

縁下
「菅原さん”ウシロ・マイナス”って何スか?」

菅原
「日向・影山のマイナス・テンポの
バックアタックの事だよ!
名付けた!!良くね!?良くね!?」

縁下
「アッ ハイ」

日向
「うおおお・・・!!」

西谷
「後ろにサンダーを付けませんか!」

日向
「うおお!?」

菅原
「それだと西谷の必殺技みたいになんべぇよ」

影山
「おい タイムアウト明けサーブミスんじゃねぇぞ」

日向
「!当たり前だ!!」

 

”試合再開”

気合いの入っていた日向だが
そのサーブはアウト

日向
「サァセンッッ」

日向と影山
「・・・」

そして西谷が日向と交代でコートに入る

丸山が放ったアタックは月島がブロックして決まる

丸山が狭いストレートに打ち、澤村の腕を弾いて決める

烏野 21-20 椿原

 

 

椿原学園がメンバーチェンジし
当間と三川(2年・180cm)がコートに入る

烏養
「ちょい前な」

頷く澤村と東峰。

そしてサーブを放つ三川

澤村がなんとかレシーブ

澤村
「スマンカバー」

そのボールを西谷が何とかトス

西谷
「旭さん!!」

しかし東峰は思い切り打てない

東峰
「くっ!」

ブロックにはね返ってきたボールを西谷が飛び込んで拾う

影山が月島にトスし、速攻で決める

鳥野メンバー
「月島ナイス」
烏野 22ー20 椿原

 

 

椿原応援団
「押せ押せ椿高(ツバコー)!
行け行け椿高ー!」

大佐渡
「・・・」

大佐渡が好転しない状況に考え込んでいる

そして当間と三川が交代する

そして大佐渡がベンチに座る1人の選手を手招きする
するとビクッとする14番の選手

その後も一進一退の攻防が続き

東峰がサーブミスでアウト
烏野 22ー21 椿原

相手がアタックミスでアウト・・・
烏野 23ー21 椿原

 

 

ここで日向と西谷が交代
日向が前衛に入る

そしてサーブの月島に替わって
木下がコートニ入る

木下
(キタァー・・・ヤベェー・・・)

月島
「ナイッサ」

ベンチメンバー達
「木下1本ナイッサァー!!」

木下
(やれる~俺はやれる~平常心~)

木下
「4番狙い4番狙い」


木下がぶつぶつと呟く

そのサーブは狙い通りに4番・寺泊の元へ行く

田中達
(行け!!)

しかしそのボールはアウトになる

椿原観客席
「ラッキラッキ椿高 ラッキラッキ椿高ー!!」

木下
「スンマセン」

澤村
「次決めろーい」

木下に替わって月島が戻る

菅原
「次次ィー!!」

木下はドキドキしながらベンチにもどる

木下
(いや、思ってたより落ち着いて
打てた気がするし

思った方向には打てた訳だし、
俺のわりには上出来上出来)

木下はそう思いながらも悔しそうな顔をしている
烏養はその木下を見ながら

烏養
(そうだ、欲出してけよ)

 

 

丸山がサーブ前に落とすサーブを放つ

嶋田と滝ノ上
「前だ!」

その球に西谷が素早く反応してレシーブする

西谷
「シャアッ!」

そして田中がストレートを抜いて決める

田中
「シィッ!」

菅原と縁下
「田中ナイスキィー!!」

越後
「サーブ中途半端だぞ~」

丸山
「スマーン!!」

烏野 24ー22 椿原

”烏野セットポイント(第1セット)”

━━━━━━━━━━━━━━━

”影山のサーブ”

越後と丸山
(クソ、ここでコイツの
サーブかよ・・・)

放った強烈なサーブはネットへ

椿原応援席
「ラッキラッキ椿高!!
ラッキラッキ椿高ー!!」

実況
『9番・影山、サーブで攻めましたが
ネットに阻まれました

しかし引き続き、烏野高校セットポイント』

影山
「クッソ!!」

澤村
「切り替え、切り替え」

日向
「どんまーい!!」

キラッ・・・とした目をしながら
日向が親指を立てて言う

そう言った日向を睨む形相の影山
目をそらす日向

実況
『ここで椿原学園が
メンバーチェンジです』

サーブの岩室に替わって、
14番・姫川が入る
”椿原学園1年 姫川葵 173cm”

谷地をチラ・・・と見る烏養

谷地
「データには無い人です」

実況
『椿原学園、1年生ピンチサーバー
姫川葵を投入します

えー・・・恐らく姫川は
これが公式戦デビューですね』

解説
『相手のセットポイントなので
プレッシャーが強いと思いますが、
ここは集中して行ってほしいです』

気合を入れる烏野

烏野メンバー達
「サッこおぉおい!!」

椿原応援席
「ナイッサーいっぽん!!
ひーめーかーわー!!」

姫川を見た山口、木下

山口
(うわあ・・・)

木下
「俺より緊張してる・・・」

超プレッシャーの春高デビュー・・・!!

 

 

嘘バレ ハイキュー 238話

烏野 19-18 椿原

烏野にリードを許した椿原が2回目のタイムアウトを取る

ボールを次々に拾う日向を思い返す
マグレだと言う丸山に対し
マグレでは無く 見えていると感じている越後

監督
「それは大きな問題じゃない

”ボールを拾う”のと
”レシーブを返す”のは違う

10番はボールこそ拾うが、
レシーブの技術はまだまだ

レシーブが乱れれば
当然その後の攻撃も乱れる

相手の攻撃を乱すだけでも
意味があるんだ

”10番を避けよう”なんて
そんなことを考えなくていい

余計な思考は動作を鈍らせる
いつも通り堅実に」

一同
「オス!!」

━━━━━━━━━━━━━━━

3回目のサーブを日向が放つが
ネットボールになる

観客席から笑いが起こる
恥ずかしがる日向

実況
『ここで痛恨のサーブミス!
点差を広げるチャンスを逃した!』

解説
『連続得点が続き
烏野高校に流れが向きかけてましたが

こうしたイージーなミスは往々にして
その流れを断ち切ってしまうんですよね』

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

ハイキューキャラクター能力強さランキングはこちら
ハイキュー イケメンランキングはこちら

~ハイキュー 239話 ネタバレ 確定240話の展開は?に続く~休載 無料

 - ハイキュー!!