ハイキュー 235話 ネタバレ【最新確定ネタバレ235話ハイキュー 】

      2017/01/13

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

ハイキューキャラクター能力強さランキングはこちら
ハイキュー イケメンランキングはこちら

 

 

ハイキュー ネタバレ最新話情報です☆

 

~235話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 確定 最新話~

 

~前回のあらすじ~

 

武田(心の中)
「しかし点差は今一歩詰まらないか・・・」

影山(心の中)
「・・・よし大分良い」

日向IN

コートに入る日向が目線で影山に訴える

日向
(トスくれトスくれトスくれトスくれトスくれトスくれ)

澤村が微笑む

澤村(心の中)
「日向”コイツ”はミスが恐いって感情は二の次なんだろうな多分影山”コイツ”も」

澤村が丸山のスパイクをしっかりさばく

影山(心の中)
「ナイスレシーブ」

とうとう影山が完全に空間を捉えてきた

20161208144704ff3

影山(心の中)
「ドンピシャ」

絶妙なタイミングで超速攻が決まり椿原学園は全く追いつけない

椿原学園の応援席も観客席も目の前の出来事に固まっている

観客
「・・・?」

影山をバカにしていたカップルも固まる

カップル
「・・・?」

澤村・東峰・田中
「・・・!!」

久々のボールの感覚を味わう日向

影山
「お待たせしてすみません」

 

 

ネタバレ ハイキュー 235話【解放】

 

一回戦第1セット!!

影山のトスがドンピシャのタイミングで日向へ行く

日向
「来た」

そしてその球を日向が決めるとその超速攻に会場が静まり返る

「・・・?」

「・・・??」

影山
「お待たせしてすみません」

実況
「・・・・・・!決まったー!! 烏野高校のリーサル・ウェポン!!日向・影山1年生コンビの速攻ー!!!」

解説
「やっと見られましたねー。今決めたMB(ミドルブロッカー)の日向翔陽は身長164cmしかありません
普通MBは身長の高い選手が務めますが164cmは今大会アタッカーでは最低身長です!!」

日向(心の中)
「なんか今フクザツな褒められ方をしたような気がする」

学校のパソコンで中継を見ている伊達工の面々
「うわ決まった」

解説
「椿原学園も この日向・影山の速攻は警戒してきた様ですが やはり簡単には止まりませんねー」

二口
「映像とか俯瞰で見んのと ネット挟んで目の前でやられんのとでは体感スピードが違ぇーんだよ」

青根が無言で頷く。

烏野13-15椿原

”月島サーブ(2回目)”

 

武田
「でも烏養くん。このバタつく初戦で 必ずしも日向くんと影山くんのマイナステンポを

使う必要は無かったのでは?同時多発位置差(シンクロ)攻撃は強力ですし 1stテンポで十分・・・」

烏養
「見せておくって大事なんだぜ先生」

ざわつく会場
「すげー今の黒い方の攻撃メッチャ速かった」

「かっけー!」

「打った子かなり小ちゃくない!?」

そして椿原学園の丸山が放つ強烈なアタックは
ブロック2枚をすり抜けて月島へ行くがその球を取りこぼす月島

月島
「!」

応援団
「ナイスカズキ 押せ押せカズキ もう1本」

実況
「こちらも強烈に決まりました 8番WS(ウィングスパイカー)丸山! 椿原学園すかさず取り戻します!良いコース」

烏野13-16椿原

ここで月島がOUTそして西谷がIN

烏養
「月島レシーブあきらめんなー」

月島
「ハーイ」

丸山
「9番・10番の速攻はわかってた事だ。ビビんな!止めてやろうぜ!」

岩室
「うス」

驚く寺泊と越後
「おー・・・!」

丸山
「感心すんな!俺だってちゃんとした事言えんだよ!」

”丸山サーブ”

 

「大地さん!」

態勢を崩しながらもしっかり拾う澤村。

「おしっ」

応援席には烏野高校バレーボール部の前主将の黒川と前々主将の田代が

田代が号泣している

田代
「あ”ん”な”☆%&$♨︎×・・・!!」

黒川
「・・・すんませんちょっとわかんないっス」

東峰
「大地さんナイスレシーブ!」

すでに日向が動き出していた。

椿原高校メンバー
「10番だけに気をとられるな」

しかし、田中も動き始めている。

影山(心の中)
「意識するのもしないのも正しくない」

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

 

椿原学園は景山の絶妙なツーアタックに全く反応できないでいる。

岩室
「・・・!」

寺泊
「クッソがっ・・・!!」

実況
「ここでブロックを嘲笑うかのようなツーアタックー!!椿原学園完全に虚を衝かれたーっ!!」

応援団
「あ”あ”ーっ!?うおおおムカつくーっ」

烏野14-16椿原

田中
「影山この野郎クソ野郎ーっ♡」

澤村
「腹立つなー!」

日向
「性悪ー!!」

西谷
「イヤらしツぅー!!」

東峰
「全部悪口じゃねーか!!!」

烏養
「ノッてきたァー!!」

影山サーブ

影山(心の中)
「さっき食べたゼリーがエネルギーになった感じがする・・・今の腹具合・・完璧」

影山は強烈なジャンプサーブを相手に放つ。

嶋田(心の中)
「凄ぇコース・・・!!」

がしかし、その球に寺泊が食らいつく。

嶋田(心の中)
「拾うのかよ!?」

大きく弾かれたボールは烏野コートへ。

烏野メンバー
「返って来る下がれ!!」

レシーブする西谷

西谷
「フンッ」

嶋田(心の中)
「こっちのチャンボだけど影山(セッター)はサーブ直後 体勢が整わない・・・!」

しかしサーブを打った影山の邪魔にならないように拾っていた西谷
そしてすぐさま影山が戻っていく

呆気にとられる椿原学園。

流れるようなジャンプトスからの超速攻が再び決まる。

実況
「また決まった10番日向翔陽ー!!セッター影山流れるようなセットアップ!!」

ざわめく会場
「うおおっ・・・!」

「すげー!」

「全部速ぇー(笑)」

解説
「無駄な動きが一切無いですね」

実況
「まさに”あっ”っと言う間!!」

解説
「影山はユース19歳以下日本代表の合宿にも選ばれている期待の1年生です」

影山
「今ライト側のブロック出遅れてたじゃねえかよ そっちに入れよ!」

日向
「そしたらお前に轢かれそうだったんだよ おれが死ぬだろ!」

影山
「躱せよ唯一の取り柄だろ」

日向
「何だと!」

田中
「影山サーブっつってんだろ!」

解説
「日向君もよく打った・・・というか空中に居ましたね。とてもコンビ1年未満とは思えないです」

烏野15-16椿原

田代
「すっげー奴入ってんな・・・」

黒川
「ハイ」

先ほど影山をディスってたアベック。


「すごーい・・・かっこいー」


「お前”あのセッターあんま上手くないね”とか言ってたじゃん」


「はぁーっ!? アンタも”緊張してんだろ”とか知ったかしてたじゃん!」

武田
「彼はあれ程の技術・センスそして熱意を持ちながらあるいは熱意のせいか
これまで大きく目立ってはこなかった。でも」

テレビカメラ、カメラマン、記者たちが影山に注目している。

武田
「世界が影山くんを見つけますよ・・・!」

烏養
「また大げさな・・・」

烏養(心の中)
「とも言いきれねぇな」

影山達の試合をユース合宿で
一緒だったセッターの宮が見ている


「ハァ〜!?合宿ん時と顏ちゃうやん。こわいわー」

宮(心の中)
「それに」


「“アレ”何モン??」

宮の目線が日向に注がれる。

際立ち始める存在感ー

嘘バレ ハイキュー 235話

 

烏野13-15椿原

椿原学園が初めて目にする超速攻に焦る
しかし主将の越後がパンパンと手を叩く

越後
「はいはいビデオでさんざん見たろ」

「寺泊(テラ) 丸山」

頷く寺泊と丸山

サーブは澤村

リベロと後衛の間 イヤな場所に落ちて一瞬迷う選手たち

貝掛
「チッ 俺が!」

ボッ

ボールはネットの少し上に

貝掛
(高い・・・!)

澤村
「ダイレクト!!」

月島がダイレクトを決めようと飛ぶが 丸山も同時に飛んでいた

月島よりボール2つ分高く手を伸ばす丸山

月島
(高っっ)

片手でボールを後ろに弾くようにトスをあげる

越後
「!」

影山
「!」

烏養
(ワンハンドのバックトス・・・!!)

ポトン

影山
「・・・・・・?」

日向
「・・・・・・?」

丸山
「・・・・・・?」

ボールはそのまま椿原コートに落ちる

丸山
「あ あれ・・・?」

寺沢
「トリッキーにも程があるだろ」

貝掛
「お前は烏野の回し者か」

丸山
「そんなぁ!!」

怒気を放つ越後

越後
「丸山ぁ・・・」ゴゴゴ・・・

丸山
「ひゃい!」

日向
(ひゃい)

影山
(ひゃい)

澤村
(今ひゃいって言ったか)

越後
「次やったら退部な」

丸山
「!!!ス スンマセンした!!」

後ろで笑いをこらえている寺沢

烏野14-15椿原

 

随時追加更新

 

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

ハイキューキャラクター能力強さランキングはこちら
ハイキュー イケメンランキングはこちら

~ハイキュー 236話 ネタバレ 確定237話の展開は?に続く~休載 無料

 - ハイキュー!!