ハイキュー 213話 ネタバレ 【コートの中には情報がいっぱいだ】最新214話

      2016/07/09

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

 

ハイキューネタバレ最新話情報です。

 

【213話 ハイキュー ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

 

~前回のハイライト~

練習に参加させてもらえずに悩み抜いた末、ついに何かを掴んだ日向。

ha212-7

鼻血を流しながらも満足気に笑みを浮かべている日向。
鼻にティッシュを詰め、食い入るように試合を見つめている。

日向
(ゲスの人ブロックに動くタイミング早っ!
改めて見ると月島と全っ然違う
うわ!すげーヤなトコ返した!
相手コートいつ見たんだ!?
つーか見たか!?
ウシワカレシーブうまい
でもこっちはステップとか入れてる感じじゃないんだよな
うまいレシーブも同じじゃない
今までずっとボールだけを追ってた でも
コートの中には情報がいっぱいだ)

 

ハイキュー213話ネタバレ

『ボール拾いLv.1』

その日の練習が終わる。

「ありがとうございました!」
「したー!!」

天童
「じゃあねェ
また来るョ〜」

五色
「ハイッ」

黒石
「今日から泊まりか〜」

「宿舎アレ絶対極寒だよ」

「マジかー」

 

 

一方、日向。

日向
「白鳥沢って洗濯機も立派!」

白鳥沢1年・寒河江
「そうかあ?」

同じく赤倉
「つーか翔陽、Tシャツで寒くねえの?」

日向
「まもなくジャージ着ます」

赤倉
「まもなく」

瀬見
(烏野の10番、もうウチの1年と仲良くなってら・・・)

鷲匠
「呼ばれてねえ奴に飯も寝床も無えからな」

日向
「・・・あっ
ハイ!!」

小声で牛島に言う天童。

天童
「寝床はあるよね!?
普通の合宿より人数少ないしどうせ雑魚寝じゃん?
どう見てもあのおチビは場所とらないでしょ!」

牛島
「・・・日向翔陽は無いチャンスを創りに来た
それが上手くいったのかはさておき、”選ばれない” という事が奴の現状で
それは今後もあり得る事だ」

天童
「・・・うーむ、ナルホドね〜」

日向
「ボトル洗った!次モップ手伝う!」

赤倉
「早っ!サンキュー!」

日向
「なあ ボール拾いの時って何考えてんの?」

寒河江
「え?何って・・・
うーん
“取り零したら監督にドヤされる” かな」

赤倉
「確かにそれで拾えてるとこあるかも」

生唾を飲む日向。

日向
「それがカッコイイ球拾いのコツか・・・!?」

赤倉
「カッコイイ球拾いって何だ」

日向
「絶対コツ盗んでやるからなー!!」

寒河江
「アイツ、何言ってんだ・・・?」

赤倉
「面白えなあ」

黄金川
「なあ!自主練付き合ってくれよ!ちょっとだけでいいからさ!」

月島と国見
「エンリョします」

金田一
「お前聞く相手が悪いよ 俺やろうか?」

黄金川
「金田一ッ・・・!」

長松
「俺ブロック跳んでイイっすか!」

金田一
「おう」

日向
「自主練っスか?
おれ拾いますよ?」キリッ!

ha213-1

金田一
「お、おう」
(打たねえのかよ・・・)

周りを見渡す日向。

日向
「お前はやんねえの!?」

五色
「!何で俺が」

日向
「お前のキレッキレストレート見せてくれ・・・!」

五色
「!!」

日向
「ブロックでストレート警戒してても止めらんねえのなー!
こうスパーン!て あれどうやんだよ!?」

五色
(ひ・・・久しく無かったこの感じ・・・!
冷たい先輩や読めない先輩に囲まれてすっかり忘れかけていたこの・・・
ちやほや感・・・!!)

a213-2

五色
「ス・・・ストレートだけでいいのかよ」

日向
「クロスも!!」

金田一
(アイツ意外とチョロいな・・・?)

ボール拾いにつく日向。

日向
(まずは位置
長松のブロックがあるから少しはコースが絞れる
とにかく触る ボールの落下点に
どれだけ速く入れるか
スパイカーをよく見て
スプリットステッ・・・)

しかしタイミングが全く合わない。

日向
(タイミングへたくそか!!
・・・ “ジャンプ” するのが目的じゃない
身体をフラットに)

そこから数球、まだタイミングを合わせることができない日向。

日向
(遅い 遅い 全然遅い)

次はレフトの五色にトスが上がる。

"bl672-4"

日向
(五色!
キレキレストレートくる?
いやコレ多分・・・クロスだ)

読みは当たったが、ボールで両手が塞がっていた日向はそのボールに当たり、持っていたボールを落としてしまう。

日向
「スマーン!」
(でもコースは当たった!!
今ストレートにはブロックが居て
で!トスが少し短かった!
いつものアンテナスレスレキレキレには打てない!)

五色
「トス、アンテナまで伸ばしてくれた方が打ち分けしやすいんだけど」

黄金川
「ラジャ!」

日向
(トスからコースがわかる事もあるぞ・・・!)

その後も悪戦苦闘しながらボール拾いを続ける日向。

夜も遅くなり、1人帰っている日向。

ぐーぎゅるぎゅるとお腹が鳴る。

日向
(家に着くまでガマンか・・・
昨日はガマンできなくて途中でハンバーガー食っちゃったんだよな・・・
そーいえば強豪校のメシってどんなだろ?
月島はちゃんと食ってんのかな
アイツ先輩が居ないとすぐ残すからな
・・・家までバス・電車1時間とチャリンコ30分か・・・
コーチはいつも “すぐ帰って飯食え” って言うよな・・・)

烏養の言葉「壊れた筋肉を飯食って修復する そうやって筋肉がつく そうやって強くなる」を思い返す日向。

日向
(おれの筋肉は今まさに回復したがっている・・・!!
いつもなら家に直行してすぐに飯があったから、これまでちゃんと考えた事なかった
おれは今、何を食えばいい?)

そこで日向は烏養に電話をかける。

烏養
「あいよどうした」

日向
「コーチ、おれは何を食べればいいですか?」

烏養
「え?あ・・・あぁー・・・」
(なんとなく状況がわかった・・・)

日向
「すんません
コーチに聞いてもいいデスカ・・・」

笑う烏養。

鳥養
「俺に聞かずに誰に聞くんだ!
まずはアミノ酸入りのスポーツドリンク・・・
は飲んでるか
それとタンパク質、今はコンビニでも買えるプロテインがある
と同時に必要なのが糖質、バナナや100%オレンジジュースなんかだな」

それらをメモっている日向。

烏養
「・・・で」

烏養と同時に言う日向。

烏養&日向
「家に帰ってちゃんとした飯を食う!」

日向
「ウス!アザス!!」

電話を切った後、少し嬉しそうな表情を浮かべている烏養。

ha213-4

鳥養
「っしゃあ」

日向
(新しい歯ブラシセット・・・
お前の出番はまだ先のようだ
もうちょい待ってろよ)

急いで家路につく日向。

 

そして合宿3日目。

スパイク練習が始まる。

日向
「じゃあおれコッチ守りますんで!!」

寒河江
「お、おう!
ボール拾いに気合い入りすぎじゃね?」

五色
「昨日の夜も延々拾ってたぞ」

寒河江
「マジかよ!!!」

ボール拾いの位置についた日向。

 

その様子を見ている国見。

国見
「なんか・・・あいつ1人だけ試合中みたい」

"らすと"

なんとかボールに食らいついていく日向。

赤倉は慣れた様子でボール拾いをしている。

それを見ている日向。

日向
(取るだけじゃなく次の動作をスムーズに)

ライトの百沢にトスが上がる。

日向
(これはスパイク・レシーブ
おれはコートの一角を任されたレシーバーだ)

"らすと"

百沢のスパイクを完璧に取った日向。

そしてすぐさまボールを寒河江へ。

親指をグッと立てる寒河江。

うまくできて喜んでいた日向だが、次の瞬間、金田一のワンバウンドしたスパイクが股間にクリーンヒットして悶絶。

金田一
「す、すまんと思ってる・・・」

月島
「バーカ」

鷲匠
「ちゃんと見ろつってんだろ」

痛みに耐えながら返事をする日向。

日向
「ン”ニ”ュウッ ア”イ”ッ!!」

随時追加更新

 


スポンサード リンク

ハイキュー!!ネタバレ一覧はこちら

~ハイキュー 214話 ネタバレ 確定215話の展開は?に続く~

 - ハイキュー!!