キングダム 484話 ネタバレ 【桓騎の才能の根元にあるものとは?】最新確定

      2016/08/18

キングダム 名言ランキングはこちら
史実から紐解く!キングダムの今後の展開予想はこちら

 

 

キングダムネタバレ最新話情報です。

 

【484話 キングダム ネタバレ 画バレ 確定 最新話 あらすじ】

 

~前回のハイライト~

松左
「・・・・・・」

河了貂
「こんなの・・・
こんな勝ち方・・・
軍略でも戦術でもない・・・
昌平君でも李牧でも決して真似できやしない!」

2016072315532026e


「!」

尾平
「・・・・・・」

河了貂
「いや
真似しようとも思わない
紀彗は離眼のために戦を放棄するかなんてただの賭けだ!
戦は遊びじゃないんだっ」

那貴
「だが真似できない分
こんな圧勝劇もお頭ならではだ」

河了貂
「・・・・・・」

那貴
「この丘は獲ってからの砦化も難題だったが
お頭はそれもまんまと趙軍にやらせて完成に近い状態で手に入れた」

昂&尾平
「あっ」

河了貂
「そして何よりも“数”だ」


「数!?」

河了貂
「消耗戦となるはずだった丘取り合戦を止めたおかげで戦死者も数が開戦前の予想の・・・・・・
”半分以下”だったんだ!!」


「はっ半分以下!?」

河了貂
「“結果だけ見れば”大軍略家の出せる以上の結果だ・・・」


「ちょっと待て
李牧以上とでも言うのかよ
あんなふざけたヤロォが」

河了貂
「・・・・・・」


「何なんだ・・・
・・・・・・ふざけんな
あいつは一体何者なんだっ」

■圧倒的勝利で軍略家をも凌駕すると言わしめた桓騎!!その才能の根元にあるものは一体・・・!?

 

キングダム484話ネタバレ

今回の黒羊戦で、大きな戦果を挙げた桓騎。

那貴
「お頭はとても謎の多い人だ
何であんなに強いのか、家族はいるのか、そもそもどこから来たのか
雷土ら幹部でさえも知らない
だが昔一度だけ、最古株だという者から
お頭の根っこの部分について聞いたことがある」


「桓騎の・・・根っ子?」

那貴
「ああ、あの冷酷無慈悲で戦負け知らずの天才の、中心・・・
その根っ子には何があるのかってな
そしたらそいつはこう言った」

砂鬼
『・・・怒り・・・
桓騎の根にあるのは、岩をも溶かす程の怒りだ』


「怒り?何に対しての・・・怒りだ?」

那貴
「全てに対してだ」

【王都咸陽】

政の元に伝者が走る。

「わが軍、黒羊戦に見事勝利ッ
敵将、慶舎を飛信隊 信が自ら打ち取った模様です!!」

その報告に沸く臣下たち。

昌平君は桓騎が自分の予測を上回る戦いをしたと想像するが、意識はすでに区と羊の先の趙領土へと向かっていた。

昌平君はさっそく黒羊を拠点として、趙を攻めるために兵を送ることに。

そして場面戻り黒羊の丘。

雷土や摩論ら幹部たちと集まる信・貂。


「ちょっと待ってよ
西の丘一つを飛信隊だけで砦化なんて無茶だよ
あの丘だって万の兵が入れるくらい大きいんだよ!」

摩論
「つまりやり甲斐はあると」


「ふざけるな!
それに加えて黒羊の外側の警邏隊もやれなんて冗談じゃない」

桓騎の嫌がらせのような指示にキレる貂だが・・・


「もういい貂、持ち場と役目はわかった
もういいか?」

摩論
「くれぐれもさぼらぬようお願いしますよ
監視役の那貴さんはもう桓騎軍にもどりましたので」


「桓騎は今何してる
あれから顔もださねぇで」

雷土
「あ? なんでてめぇ如きにイチイチ顔見せなきゃなんねぇんだよ
自惚れんなよ元下僕
てめぇなんざ最初っからお頭の眼中には入ってねぇんだよ
こっから先も一生な」

飛信隊の陣営地に戻り、1人で何か考えている信。
そこへ羌瘣がやってくる。

羌瘣
「奴の言う大人の戦い方を見せつけられたな」


「ああ、戦い方はクソだが結果は真正面から受け止めねぇといけねぇと思う
桓騎とはまだこの先も戦場を一緒にする機会があるだろうからな」

羌瘣
「やつが強かろうと制止すべきところは制止すべきだ」

そう語る羌瘣の腕には、黒羊のお守りの腕輪がはめられていた。


「もちろんだ
だがそのためには奴の上に行く必要がある
桓騎より先に大将軍になる」

羌瘣
「先は難しいな」


「ぬっ」

羌瘣
「だが並びさえすれば十分止められる
信、悩むことはないだろう
お前は尾平に言ったように お前のやり方で天下の大将軍になればいいんだ」

20160731081938f4cs


「ああ、わかってる」

(桓騎・・・お前が何をどう思ってるかしんねぇが
俺は絶対にお前に負けはしねぇからな)

大将軍になるという決意を新たにする信。

ナレーション:
黒羊戦では桓騎の強さと恐ろしさを中華に広める結果となった
一方、飛信隊は大将桓騎への反逆行為の咎により 慶舎打ち取りの戦果は相殺とされた

が、その際新の思いを皆が聞いたことで 隊の結束はより強くなった

【桓騎軍】

桓騎に対して那貴が何やら直訴。
荒れている桓騎軍

雷土
「那貴てめぇ もう一回言ってみろ」

那貴
「別に騒ぐほどのことじゃない
ただ飛信隊に移るといってるだけだ」

激怒する雷土。

那貴
「雷土そう熱くなるなよ
ここは軍であって軍じゃない
堅苦しい縛りがないところが桓騎軍のいいところだろ
お頭いいすよね」

そう言って桓騎に顔を向ける。

桓騎
「那貴、理由だけ教えろ」

那貴
「そうっすね
ただ、まー強いてあげるなら
あっちで食う飯って意外とうまいんすよね」

2016073108031741ds

静かにキレる黒桜、戸惑う摩論、そしてブチ切れ雷土。

雷土
「・・・・・・いかせるかよ
ぶっ殺せ!」

201607310819416des

乱闘が始まる。

そして少し時間がたち、飛信隊の見張り兵が何かを見つける。
指差す方角にはボロボロの那貴たちの姿があった。

20160731081940397s

ナレーション:
これらの出来事は
これから上に進む飛信隊にとっては
非常に
大きな”収穫”であった

黒羊にいた李牧。

実は李牧達は黒羊に潜み、戦局を見ていた。

李牧
「桓騎の力を見誤りました
私の落度です」

副官の舜水樹(しゅうすいじゅ)と馬南慈(ばなんじ)もそばに控えていた。

201607310824246a1s

舜水樹
「慶舎様損失は痛かったですが
代わりに我々が得たものは二つ」

馬南慈
「一つは隠れた名将紀彗の発見
そしてもう一つは」

李牧
「桓騎の弱点」

201607310748386a2s

ナレーション:
黒羊戦の翌年、秦は合従軍戦以来の超大軍を興して
趙軍と激突する
その時、皆は気づくのである
黒羊がその前哨戦であったことに

李牧
「ここで慶舎に誓っておきます
私がこの手で仇を討つと」

■目前の大敗から李牧が手にした巨大な収穫!秦趙間に空前絶後の対決が迫る!!

 

随時追加更新

 


スポンサード リンク

キングダム 名言ランキングはこちら
史実から紐解く!キングダムの今後の展開予想はこちら

~キングダム 485話 ネタバレ 確定486話の展開は?に続く~

 - キングダム